第二回SDGsお宝大発掘、ご参加ありがとうございました!

 今回も子ども達からたくさんの意見が出ました!

早くも第二回を迎えた
SDGsを楽しみながら学び行動していくこちらのプログラム!

第一回目を合わせると
4歳~9歳まで総勢20名以上の見習い怪盗さんが
西尾張エリアでSDGsアクションを実践中です!

子ども達には自分のお宝を持ってきてもらって
お互いがどんなものを持ってきたのか見てもらいます。

ぬいぐるみ、フィギュア、文具、アクセサリー、腕時計などなど
どれもとっても大切にしています。

こちらのホワイトボードに書かれた内容はすべて
「みんなの宝物がどうやって手元にやってきたのか」の問に
子ども達が考えて出てきた意見です。

色んな物ごとがたくさん自分の暮らしに関わっていることを知り
怪盗のミッションに向けて学びを拡げていきます!

便利になった暮らしと
ぺったんこになりそうな地球。

どちらも大切にしながら暮らしていくために
怪盗たちは、まずはおうちの中から
「宝の種」をたくさん見つけて、
“予告状”にミッションを書き出して行動していきます!

おうちでどんなことができるかな?
どこに貼ったら、いつも気をつけてできるかな?

子ども達同士が考えながら
一枚一枚書いてくれました!

この予告状、
普段から保護者のみなさまから言われていることを
書いてくれる子も多く、
"こういうことだったんだね!"としっくりくるところがあるようです。

なんといっても「継続」が一番大切になってくる
SDGsの取り組み。

楽しかった!だけではなく、おうちでの継続的なアクションが
ぺったんこの地球を助けていきます。

保護者の方も、そんな怪盗たちを見守りつつ
一緒に行動や声掛けをしていただけるよう
より詳しいSDGsのお話もさせていただいています。

子ども達は既に
色んなことを知っていたり
見つけて伝える力を持っていて

そのすごい力や今見ている世界を

少し先の未来のことへ
大きくなったときのことへ
自分の身の周りのことへ
自分の住むまちのことへ

少しずつつなげてぐんぐん広げていくための
きっかけづくりができたらいいなと思っています!


私達大人が子どもだったころとは
状況は大きく違うから
大人になった私達も子ども達と一緒に
常にアップデートしていきましょう!

新型コロナや宣言等にもよりますが
第三回の開催や、近隣市町村での開催も検討しています!

ぜひあなたのまちにも誘ってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。